DocuWorks Viewer Light for Windows Mobile 7.0 日本語版
リリースノート

目次

1 はじめに

2 Viewer Lightの概要

3 Viewer Lightの複製と頒布

4 インストール

5 アンインストール

6 上書きインストール

7 Viewer Lightの起動と終了

8 注意と制限

9 情報入手先

10 使用許諾契約書

11 著作権について

12 商標について

2010年1月
富士ゼロックス株式会社

管理No.:ME4818J1-1 1版

1 はじめに

本書の内容を正しく表示できない場合は、新しいバージョンのブラウザーでごらんください。

DocuWorks Viewer Light for Windows Mobile 7.0 日本語版(以降、Viewer Light)をご使用いただくための情報を説明します。
Windows Mobile® 6 Professionalの操作を例に記述しています。Windows Mobile® 6 Professional以外のオペレーティングシステム(以降、OS)をお使いのかたは、環境にあわせて読み替えてください。

目次に戻る

2 Viewer Lightの概要

2-1 Viewer Lightについて

Viewer Lightは、Microsoft® Windows®のDocuWorksで作成されたDocuWorksファイル(文書やバインダー)や、スキャナー機能を持つ複合機でで生成されたDocuWorksファイルを閲覧するためのソフトウエアです。
Windows®版のDocuWorks Deskでは、さまざまなアプリケーションのデータをDocuWorksファイルに取り込み、1つの文書として束ねたり、ばらしたりすることができます。また、Windows®版のDocuWorks Viewerでは、付箋の貼り付け、図形や日付の追加のような簡単な編集ができます。

DocuWorksに関する情報については、「9 情報入手先」を参照してください。

2-2 Viewer Light 7.0の新機能や6.0からの主な改善内容

2-3 Viewer Light 7.0の主な機能

目次に戻る

3 Viewer Lightの複製と頒布

Viewer Lightは、お客様が複製や頒布をすることができます。
この場合、Viewer Lightのソフトウエア、インストーラー、およびこのリリースノートに記載されている使用許諾契約書、著作権・登録商標の情報を含んで複製する必要があります。
弊社より提供しているインストーラープログラムを変更したり、独自に作成したりすることは固く禁じられています。

目次に戻る

4 インストール

4-1 インストールに必要な環境

Viewer Lightをインストールするには、お使いの携帯端末に、次の動作環境が必要です。

4-2 インストール手順

  1. <携帯端末上でダウンロードする場合>
    適切なインストーラーファイル(DWVLTforWM700.CAB)をダウンロードします。

    <PC上でダウンロードする場合>
    適切なインストーラーファイル(DWVLTforWM700.CAB)をダウンロードします。そのあと、お使いの携帯端末にコピーします。

    参照
    PCから携帯端末にコピーする方法については、お使いの携帯端末のマニュアルを参照してください。


  2. ファイルエクスプローラーで、[DWVLTforWM700.CAB]ファイルを表示し、タップします。
    Viewer Lightのインストーラーが起動します。
    携帯端末にメモリーカードなどの外部ストレージがある場合は、インストール先を選択する画面が表示されます。
    本体にインストールするときは[デバイス]を選択して、[インストール]をタップします。

    外部ストレージにインストールするときは、外部ストレージに対応するフォルダー名(例:「\Storage Card」)を選択して、[インストール]をタップします。
    本体と外部ストレージのどちらにインストールする場合でも、Viewer Lightがインストールされるパスは、「\Program Files\Fuji Xerox\DocuWorks」です。

    しばらくすると、[製品ライセンス契約]が表示されます。


  3. [製品ライセンス契約]をお読みいただき、[同意する]ボタンをタップします。
    インストールが開始されます。
    インストールが完了すると、「DWVLTforWM700.CABは正常にインストールされました」というメッセージが表示されます。


  4. [OK]ボタンをタップします。


  5. 必要に応じ、[DWVLTforWM700.CAB]ファイルを削除します。
目次に戻る

5 アンインストール

アンインストールとは、インストール時に作成されたディレクトリーやファイルを削除することです。

5-1 アンインストール時の注意事項

ユーザーがインストールディレクトリー内に作成したファイルは、削除されません。

5-2 アンインストール手順

  1. [スタート]メニューから[設定]を選択します。
    [設定]ウィンドウが表示されます。


  2. [システム]タブをタップします。


  3. [プログラムの削除]アイコンをタップします。
    [プログラムの削除]ダイアログボックスが表示されます。


  4. [Fuji Xerox DocuWorks Viewer Light]を選択し、[削除]ボタンをタップします。
    確認のためのダイアログボックスが表示されます。


  5. [はい]ボタンをタップします。
目次に戻る

6 上書きインストール

Viewer Lightのソフトウエアを、上書きしてインストールできます。

6-1 上書きインストール手順

  1. 「4-2 インストール手順」の手順に従って、Viewer Lightをインストールします。
    インストーラーを実行すると、前のViewer Lightを削除するかを確認するダイアログボックスが表示されます。


  2. [OK]ボタンをタップします。
    Viewer Lightがアンインストールされ、そのあとインストールされます。
補足
上書きインストール対象のViewer Lightは、DocuWorks Viewer Light (for Pocket PC) 6.0.1 日本語版を含みます。お使いの携帯端末の動作環境が「4-1 インストールに必要な環境」の条件を満たしているときは、上記の操作でViewer Light 7.0にバージョンアップできます。



目次に戻る

7 Viewer Lightの起動と終了

Viewer Lightのメニューやボタンについては、Viewer Lightを起動しているときに、[スタート]メニューの[ヘルプ]をタップして表示される、[DocuWorks Viewer Light for Windows Mobile 7.0 日本語版のヘルプ]を参照してください。

7-1 起動手順

  1. [スタート]メニューの[プログラム]から[DocuWorks Viewer Light] アイコンをタップします。
    [開く]ダイアログボックスが表示されます。


  2. 表示するDocuWorks文書をタップします。
    [DocuWorks Viewer Light]ウィンドウ内に、DocuWorks文書が表示されます。
補足
次の操作でも、DocuWorks Viewer Lightが自動的に起動し、DocuWorks文書を表示できます。
  • Webブラウザーで、DocuWorks文書がリンク先になっているリンクをタップします。
  • ファイルエクスプローラーで、DocuWorks文書をタップします。
  • ファイルエクスプローラーの[開く]メニューをタップし、DocuWorks文書のパス名を入力します。このとき、パス名の最後に拡張子も入力する必要があります。DocuWorks文書の拡張子は[.xdw]、DocuWorksバインダーの拡張子は[.xbd]です。

7-2 終了手順

  1. [ファイル]メニューから[終了]を選択します。
    Viewer Lightが終了します。
目次に戻る

8 注意と制限

Viewer Lightの操作上の注意事項、制限事項について説明します。

8-1 操作

8-2 表示

8-3 メモリー/パフォーマンス


8-1 操作

何らかの障害が発生した場合、他のアプリケーションが起動しているときは終了してから、Windows Mobile®を再起動してください。そのあと、Viewer Lightを起動してください。

-----

Viewer Lightでは、DocuWorks文書を編集したり、印刷したりできません。

-----

Viewer Lightでは、別のDocuWorks文書、およびDocuWorks以外の他のファイルへのリンク先にジャンプできません。

8-2 表示

Viewer Lightでは、セキュリティーで保護された文書、DocuWorks Ver.1.0、およびVer.2.0で作成したDocuWorks文書は表示できません。

-----

色数の多いDocuWorks文書は、色が正しく再現できないまま表示されることがあります。

-----

DocuWorks文書内に貼り付けられている、DocuWorks以外のアプリケーションで作成されたOLEオブジェクトを使用したOLEアノテーションについては、正しく表示できないものがあります。(9007)

補足
OLEアノテーションとは、他のアプリケーションで作成したグラフ、図、ビデオ、音声などを、DocuWorks文書内にアノテーションとして貼り付けたものを指します。


-----

お使いのWindows Mobile®に標準で用意されていないフォント(日本語と英語以外のフォントなど)が指定されているDocuWorks文書をViewer Lightで表示した場合、文字化けしたり、縦書きフォントは回転したりして、正しく表示できないことがあります。(9061,9062)

-----

お使いのWindows Mobile®に標準で用意されていないフォントが指定されているDocuWorks文書をViewer Lightで表示した場合、表示倍率によっては、文字の一部が欠けたり、文字の位置がずれたりすることがあります。(8985)

-----

アプリケーション文書から変換されたDocuWorks文書をViewer Lightで表示した場合、表示倍率によっては、次のように表示されることがあります。

-----

アプリケーション文書から変換されたDocuWorks文書をViewer Lightで表示した場合、次のように表示されることがあります。

-----

塗りつぶし(パターン)指定された矩形を含むDocuWorks文書をViewer Lightで表示した場合、設定された色で塗りつぶされないことがあります。(9013)

8-3 メモリー/パフォーマンス

メモリーが不足している場合、操作中に異常終了することがあります。他のアプリケーションが起動しているときは終了してから、Windows Mobile®を再起動してください。そのあと、Viewer Lightを起動してください。

-----

1ページの表示データのサイズが20MBを超える文書は、圧縮方式や解像度によっては表示できないことがあります。たとえば、白黒で画質劣化なし、A1サイズで解像度が300dpiのイメージ文書や、16777216色でJPEG標準圧縮、A2サイズで解像度が400dpiのイメージ文書は、表示できずエラーになることがあります。(16772)

-----

図形にテクスチャーパターンを複数貼り付けた文書のような、複雑な描画データを含む文書を表示しようとすると、メモリー使用量が増えるため、表示の完了までに時間がかかったり、メモリー不足エラーが発生して文書が表示できなかったりすることがあります。(16820,16828)

目次に戻る

9 情報入手先

富士ゼロックス(株)のホームページで、最新の情報を入手できます。
次のURLにアクセスしてください。
http://www.fujixerox.co.jp/soft/docuworks/

目次に戻る

10 使用許諾契約書

ソフトウエア使用許諾契約書

富士ゼロックス株式会社

ソフトウエア名: DocuWorks Viewer Light for Windows Mobile 日本語版
バージョン: 7

本契約は、上記に示されたソフトウエアおよびこれに関する資料等(以下「本ソフトウエア」という)に付属するものです。
本ソフトウエアをインストールした時点で、以下に定める本契約の全条項についてご承諾いただいたものとします。本契約にご承諾いただけない場合、お客様は、本ソフトウエアを使用することができません。本契約の全条項についてご承諾いただくことを条件として、弊社は、お客様に本ソフトウエアを使用する非独占的権利を許諾します。

1. 本ソフトウエアの使用権

(1) お客様は本ソフトウエアを機械にインストールし、使用することができます。
(2) お客様は本ソフトウエアの複製物を作成し、頒布することができます。この場合、本ソフトウエアに表示されている弊社の著作権表示を含んで複製するものとします。

2. 権利の帰属

本ソフトウエアに関する著作権等を含むすべての無体財産権は弊社および弊社への供給者に帰属します。本ソフトウエアは、著作権法および国際条約によって保護されています。

3. お客様の義務

お客様は、本ソフトウエアが著作権法等によって保護される無体財産権を含む機密情報または財産的情報を有することを認識するとともに、次の行為をしないものとします。
(1) 本契約条項に定める条件以外の条件により、本ソフトウエアを使用、複製する行為
(2) 本ソフトウエアを改変、翻訳、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルする行為
(3) 本ソフトウエアを第三者へ販売、賃貸、使用許諾、再使用許諾する行為
(4) 本ソフトウエアに記録または表示されている所有権および無体財産権の権利表示を除去、削除または変更する行為

4. 無保証

弊社は、本ソフトウエアを原状のまま提供します。弊社は、法律上の瑕疵担保責任を含むすべての明示または黙示の保証責任および本ソフトウエアに起因するお客様の逸失利益、特別な事情から生じた損害、データ等に対する損害および無体財産権に関し第三者からお客様に対してなされた損害賠償請求にもとづく賠償責任等の一切の責任を負いません。

5. 使用権の消滅

(1) お客様はいつでも本ソフトウエアの使用権を消滅させることができます。
(2) お客様が次の事由に該当した場合、本ソフトウエアの使用権は自動的に消滅します。
  (a) お客様が本契約条項に違反した場合
  (b) お客様が異なるバージョンの本ソフトウエアの使用権を取得した場合

6. 使用権消滅時の措置

お客様の本ソフトウエアの使用権が消滅した場合、お客様は本ソフトウエアおよびそれらの複製物すべてを抹消または破壊するものとします。

7. 雑則

(1) 本契約は、日本国の法律に準拠するものとします。
(2) 本ソフトウエアが外国為替および外国貿易法およびこれに付随する法令等ならびにアメリカ合衆国輸出規制管理規則の規制対象品となる場合、お客様は当該法令および規制を遵守するものとします。

お客様の本契約についての承諾の意思は、インストール時に示されたものとします。

以上

目次に戻る

11 著作権について

本ソフトウエア(マニュアルデータを含む)およびバックアップのために複製されたソフトウエアに関する著作権等を含む一切の無体財産権は、弊社および弊社への供給者に帰属します。

目次に戻る

12 商標について

Microsoft、Windows、Windows Mobileは、米国Microsoft Corporation(マイクロソフト社)の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
XEROX、およびそのロゴと“コネクティング・シンボル”のマークは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。
「DocuWorks」は富士ゼロックス株式会社の商標です。

その他の製品名、会社名は各社の登録商標または商標です。また、本書の内容に関しては、将来予告なしに変更することがあります。

目次に戻る